留学経験者が語る!英語を話すときに大事な5つの心得

英会話 独学で始めてみたものの、いざネイティブスピーカーと話してみると萎縮して全く話せなかった・・・なんて経験のある方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、留学経験者の筆者が語る!英語を話すときに大事な5つの心得についてお話ししていきます。

筆者が英語学習を始めたきっかけ

私は長年英語を使った業務とは全く縁のない企業に会社員として勤め、大人になってから英語学習を本格的に始めました。転職のタイミングで、これからどうしていこうか・・・と考えていた際、「もし英語が話せればもっとたくさんの人との出逢いもあるし、その中でこれまで見つからなかった選択肢も出てくるのでは」と思いついたことが、英語学習を始めたきっかけです。

留学に行くも、全く話せない

無料英会話 アプリで入念に準備を重ね(笑)、憧れの海外留学にきた私を待っていたのは、圧倒的な語学力の差でした。初日のレッスンでは、講師が何を話しているのか全く理解できず、グループを作って話し合う時間になっても、何を話し合えばいいのかすら分からずに途方に暮れました。日本で英会話を練習していた訳ではなかったので当然なのですが、当時は本当に落ち込みましたね。

そんな絶望的な状況だった私でも、2か月半後にはたくさんの外国人の友人に囲まれ、会話を楽しめるようになっていました。

英語を話すときに大事な5つの心得

筆者は、海外留学を通して、英語を話す上で大切なことをたくさん学ぶことができました。ここからは、そのうちの5つを皆さんにシェアしていきたいと思います。

1. とにかく発言する

英語を話すときに一番NGなことは、「何も発言しないこと」です。自分が話せないからと思って一言も話さない場合、相手に何かを伝えられる可能性は0%。しかし、思いついた単語だけ片言でも伝えていけば、自分が伝えたいことのうち数%だけでも相手に伝えることができます。そしてその数%が、後の100%に繋がってくるのです。

2. 聞き返すことをためらわない

初めて英語圏の人と話すとき、発音の違いや話すスピードに慣れず、上手く聞き取れないことも多いと思います。しかし、そこで分かったフリをしてあいまいに返事をするのではなく、しっかりと聞き返し、相手が言っていることを理解するようにしましょう。

日本人の性格上、何度も聞き返すことをためらってしまいがちですが、実はネイティブ同士でも、聞き返すことは一般的によくあることです。分かったフリが癖になってしまうと、話している相手にもそれが伝わってしまい、「この人は自分と話したくないんだな」と思われてしまいます。

3. ミスを気にしない

話すときに、完璧な英語を求めすぎてはいませんか?私も最初は、堂々と英語を話す周りの海外の学生たちに萎縮してしまっていたのですが、よーく聞いてみると過去形と現在進行形がごちゃごちゃになっていたり、動詞と名詞の順番がめちゃくちゃだったりと、意外とみんな正しい文法で話していないことに気が付きました。

正確な英語を話すのは、英会話への抵抗が薄れてからでも遅くはないので、まずは気楽に話してみましょう。

4. ハッキリと堂々と話す

自分の話したことが上手く伝わらず、何度も聞き返されたりしてしまうと、どうしても自信がなくなってきてしまいますよね。そんな時でも、大きな声でハッキリと話すことを意識しましょう。もしかしたら相手は、単純にあなたの声が小さくて聞こえてなかっただけかもしれません。聞き取りやすい声を出すだけで、相手に伝わる可能性をぐっと上げることができますよ。

5.コミュニケーション手段であることを意識して楽しむ

英語を話すことはゴールではなく、あくまでも「誰かとコミュニケーションを取るための手段」です。その時の自分が持っている全ての知識を総動員しつつ、あとはその人とのコミュニケーションを楽しむことに専念しましょう。英会話が出来る、出来ないの以前に、まずは目の前にいる人との時間を楽しむことが第一です。

まとめ

英語を話すとき、ついつい自分より上手な人と比べてしまいがちですよね。でも、今回の記事でお伝えした「英語を話すときの心得」は、どれも自分自身に打ち勝つ内容のものばかり!最初は上手く出来なかったとしても、諦めずに継続して続けていれば必ず自分の思うように話せる時がくるはずです!くじけそうになってしまったときは、ぜひこの記事を読み返してみてくださいね。

参考記事:【英語論文TIPS】意外に知らないet al.の書き方、読み方